堀川プロの応援でプロ修斗FORCE16にジム仲間と行ってきた!

ケージ内で右ストレートヒット

一領具足の笹岡と申します。
私は普段柔術をメインに練習しています。
私は高校生時代から格闘技の映像を観ることがすごく好きでよくテレビ、Youtubeの映像などでたくさんの試合を見ていましたが、実際に生で総合格闘技の試合を観戦するのは未経験でした。
なのでいつかタイミングがあればこの目で試合を見てみたいと思っていました。
そんな矢先、普段柔術でお世話になっている堀川さんが総合格闘技の試合に出るという話を聞いて、即代表にチケットを手配してもらいました。
そして試合までの期間に私が練習に参加している際、堀川さんのハードな練習を目の当たりにしたことがありその練習内容は結構激しそうでしたが、その試合までの練習をみるのもかなり刺激的でした。
楽しみに待っていた試合当日。
私含め同じチームの会員さん4名で同じ車に乗って試合会場の香川県高松市に向かいました。
会場までの道中、格闘技の話で盛り上がったり、それぞれの歩んできた人生を語り合ったり、なにか学生時代に戻った感じがしてそれはすごく楽しいひとときで、試合をきっかけに会員同士が仲の深まった瞬間でもありました。
そうこうしているうちに試合会場に到着。
私は会場内に入った瞬間から衝撃を受けました。
目の前に見えたのは、RIZINやUFCのようなカッコいい大会の垂れ幕、映像でしか見たことのなかった選手たちが戦うケージ、そして会場内で流れるBGM。
試合が始まる前から大会の雰囲気に興奮をしていました。
さらに隣を見ると試合を観戦しにきたもう一人のメンバーも目がキラキラしていました。
完全に私たちは会場の雰囲気に飲み込まれていました。
そして興奮がなりやまない間に試合が始まりました。
試合の中でパンチが顔に入った時のにぶい音、鋭いキックが入った時の絶対に痛いはずであろう音、足の指を何度も本気で踏みつけている光景。
何度も痛みを想像してしまい目を閉じてしまいそうになりました。
しかしその時私が思ったのは、これが本当の正真正銘の格闘技だと。
相手に対しての油断や優しさは試合の中では一番危険な弱みになるということ。
観ているだけでも練習やスパーリングでは決して味わえない感覚でした。
生の試合は刺激や興奮も感じれたし、たくさんの勉強になることがありました。
それらを感じ始めた瞬間からより試合を熱中している自分がいました。
試合が次々行われていき、次はいよいよ堀川さんの試合の番です。
堀川さんのこれまた入場曲も素晴らしいほどにかっこよく、しかもそこで柔術着を着ているのがさらにナイスガイでした。
そして試合のゴングが会場に鳴り響きました。
お互い譲らない攻防戦が続いていましたが、私たちは堀川さんのパンチが相手にヒットするたびに声を荒げて雄たけびをあげていました。
大人になってここまで無意識に大声を出した経験は他ではありません。(かなりストレス発散になった気がします。(*‘∀‘))
余談はさておき、、、、
やはりこんなに入場から試合の間も興奮してしまう試合というのは同じチームの仲間の試合だからということだと思いました。
仲間の勝利は心から願うし、何よりも気持ちの入り方が全く違うので本当に熱中して見入ってしまうということです。
「格闘技はなんて素晴らしいスポーツなんだ。」と心でその言葉が何度もリピートしていました。
そして堀川さんの試合を見ていて気が付いたことがもう一つありました。
私の目の前でいた他の選手のファンの若い女性2人組が観戦していたのですが、堀川さんの試合が始まったばかりの頃は携帯を触ったり、大会のパンフレットをみたりしていて試合にあまり興味を示していなかったのですが、堀川さんの攻撃が当たり出して会場が湧き始めだすと二人ともが試合を見つめ出し、最終的には両手を祈るように握っていて「がんばれ!」「かっこいい!」と声援を送っていました。
私は試合において白熱した試合こそ選手を知っている、知っていない関係なしに盛り上がるし、人々を魅了するものなのだなと感じました。
堀川さんの最終ラウンドにおいて会場全体が一気に盛り上がっていたのを肌で感じました。
結果はドローでしたが、私自身は本当にいいものを見せてもらったと思いました。
代表、土居さんのセコンドの声もすごく気持ちが入っていてチームで戦っているという一体感があり、純粋にセコンドの方々もかっこよかったです。
生の総合格闘技の試合を見た経験は私の人生にとって忘れることのない試合になったことは間違いありません。
そして最後に、このチームに入ってよかったと心から思いました。
みんな仲間なんだ。
ということを心から感じれてうれしい気持ち、そして何より有難い気持ちになりました。
社会人になってこんな風に色んな経験や気持ちを感じることができる環境やチーム、代表に改めて感謝しています。
もし今後も試合を観に行くチャンスがあれば現地に行くことをおすすめします。
それはそこで得られるものが多くあるということです。
そして格闘技に対しての熱い思いが増すだけでなく、仲間を感じれたり、心から興奮したり、鳥肌を感じたり、人生観が変わったり、新たな発見の数々です。
やはり本物をこの目で、耳で、感じることはとても貴重な経験になります。
そんな経験ができるこのチームは最高です。
今回は最後まで記事を読んでくださり誠にありがとうございました。
これからも皆さんで格闘技を通じて楽しい人生にしていきましょう。
笹岡 祐貴

ケージ内で右ストレートヒット
最新情報をチェックしよう!